整体治療・姿勢改善・骨盤ケアを行う
コンディショニングスペース BODY TUNING 結
大阪府三島郡島本町青葉3-8-8
  1. カラダの専門家が伝える「自宅で健康になれる」ブログ
 

カラダの専門家が伝える「自宅で健康になれる」ブログ

奥飛騨トレイルランサポートそのA

 

前回、レース前の選手サポートの様子をお伝えしました。

 

朝8時30分には選手は無事にスタートしていき、ゴールまで無事にたどり着けるよう祈ります。。

 

この大会は11キロコースと33キロコースの二つです。

 

11キロコースでは、トップ選手は約1時間でゴールします。

33キロコースでも、トップ選手は約2時間30分でゴールします。

 

レース前のサポートが終了すると一旦、私たちは朝食を摂りに戻りますが、

すぐにレース後の選手のケアのため、受け入れ準備をします。

 

関西からサポートメンバーとして岐阜に乗り込んだ8名でしたが、

チームを2つに分けてケアにあたることに。

 

ここで、今回のランナーズケアサポートのもう一つのミッションがあります。

 

ただ選手のサポートにあたるだけよりも、お互いに刺激し合って競争意識をもって

 

選手のサポートをする方が緊張感もあり、技術向上にもなるだろうと、

 

チーム・個人ともに、最後に誰がより選手に貢献できたか評価を受けるというものです。

 

選手も戦いますが我々も戦います。

 

選手のケアをすることに全力投球です。

 

ケアが始まれば、自分の評価なんて気になりません。

 

ただ目の前にいる選手の痛みを取ること

 

疲労を抜くこと

 

今から自宅でできるケアの仕方

 

次のレースに向けての調整法

 

まだまだありますが、

 

目の前の選手に持てるすべての知識・技術を注ぎ込みます。

 

陰られた時間の中で結果を出すことに集中します。

 

気づけば夕方。

 

みな必死に選手のサポートにあたりました。

 

何とも言えない充実感とともに、

 

もっと何か出来たんじゃないか問題点・反省点を振り返ります。

 

この刺激的な大会サポートをすることで、

 

技術があがります。

 

他の治療家・トレーナーの先生方の技を吸収する場にもなります。

 

そしてこの経験を、当院に来て下さる患者さまに対して

治療でまた少しでもお役に立てるようにと思うと

楽しみでなりません。

 

まだまだ未熟、コツコツと日々勉強ですね。

 

次は9月、日本最大といわれるトレイルランのサポートにも当たらせて頂きます。

 

それまでにまた、コツコツ勉強です!

 

今回二日間休診にして、患者さまにはご迷惑をお掛けしました。

家を離れることを快く受け入れてくれた家族にも感謝です。

 

皆さんの協力があって仕事ができています。

ですので、セミナーでも外部トレーナーでもそうですが、

行けてよかった、で終わらせず周りの方に学んできたものすべてを提供できるよう頑張ります!

 

ちなみに今回のトレーナーの評価ですが、

 

個人・団体ともに最優秀という最高の形で締めくくれました。

 

帰りの高速サービスエリアで財布を失くしかけたことは、

恥ずかしくて家族にも誰にもまだ伝えていません(笑)

あやうく全て台無しになるところでした。

 

以上、奥飛騨トレイルランサポート日記でした!




続き

6月11・12日(土・日)で岐阜県奥飛騨にて、

奥飛騨トレイルランのサポートに行ってきました!

 

関西から治療家&スポーツトレーナー8名で乗り込みました。

11日は宿泊地に21時頃到着。

1人5分ずつシャワーを浴び、22時から勉強会開始です(^^)v

 

そう、今回の大会サポートには、もう一つの目的があります。

 

「全員で治療業界やスポーツトレーナー業界で社会に貢献できることを

自分のフィールドで考え、実行できるよう勉強すること。」

 

皆さんの熱い想いを共有し、思考を深掘りしていきました。

気づけば夜中の3時。

頭にいっぱい汗をかきました(笑)

 

眠気を飛ばすためか、途中で筋トレが入り、

脳を覚醒(笑)

 

朝は6時起床なので、私もですが皆さん爆睡でした。

 

7時から会場にて準備、レース前の選手のサポートにあたりました。

 

レース前にもサポートすることは沢山あるんです。

 

痛みのある方には出来る限り痛みを軽減させる治療。

 

テーピングを競技特性などを考慮した巻き方で巻く。

 

大会途中にセルフで出来ることをお伝えすること。

 

パフォーマンスを上げるための調整。

 

もっとありますが、限られた時間の中で相手が求めていることにフォーカスしながら

治療家として、スポーツトレーナーとしての技術を出し切ることが使命です。

 

一般の方は、ただマッサージするだけのように思われていることが多いと思いますが、

決してそうではありません。

 

私はむしろマッサージはしません。

 

それでも競技者の方はカラダの変化に驚いた様子でした。

 

無事にレース前サポートが終わりましたのでひとまずほっと一息。

 

レース後のケアに関しては、後半に書いていきます(^^)v



続き